1960年代後期のベトナム戦争期、アメリカ軍の兵士がベトナム駐留中にお土産用として現地お土産屋などで制作したジャケット。
既に完成したジャケットや絵柄を選ぶ兵士や、自分の名前や気に言ったデザインをカスタムし制作したセミオーダー、完全に持ち込んだ絵を再現させたフルオーダーなど種々様々な物が存在しています。

ボディに使用されたジャケットも様々で多くはショート丈で黒い物が多い印象です。

今回ご紹介のこちらのジャケットは、米軍がテントの中に敷いたり、時に毛布替わりや寝袋としても使う事を目的として開発された「ポンチョライナー」を生地としたジャケットです。
少し滲んだ様なウッドランドカモのナイロン生地に薄手の中綿が入ったキルティング生地です。
恐らく余っていた物や、在庫を持ち込みジャケットを作らせたことが始まりだと思われます。

通常、両胸と背中に大きくカラフルな刺繍が施されているのが一般的な中、一切の刺繍が施されていないプレーンな状態のジャケットが見つかりました。

 

刺繍ありきと思われていたジャンルのプレーンな姿は迷彩でありながら単色の無地よりシンプルに見えます。
 

1960年代 迷彩キルティング ベトジャン 無地

¥36,720価格
  • - - - - - 商品サイズ - - - - -

    表記サイズ

    なし

     

    実寸サイズ

    肩幅 46cm

    身幅 56cm

    着丈 69cm

    袖丈 56cm

     

    ※アメリカサイズのMや40くらいのサイズ感になります

  • - - - - - コンディション - - - - -

    特記すべきダメージや汚れはなく非常に綺麗なジャケットです。デッドストックコンディションと言えます。

  • Facebookの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル

FREEWAY ONLINE STORE